この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。
 
<< もんてきた高知編 PART1 | main | もんてきた高知編 PART3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.01.06 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
もんてきた高知編 PART2
もんてきた高知編 PART2
JUGEMテーマ:日記・一般


今回のブログも前回のブログからの続きです。


朝早く京都を出発し、ようやく到着した高知桂浜をゆっくり満喫したい気分・・・ですが、子供達は容赦なく行き先を求めて走り回っております。(笑)


桂浜が月の名所と教え、時々来る高波に注意しなさいと教えつつも、次の行き先へと急かされますわ。


そして次の行き先はここ。


桂浜にあるその名も
「桂浜水族館」


女性のアナウンスで
「もうすぐアシカショーが始まるよ〜!」と「館外」に向けて放送してくれるので、子供達の耳にもバッチリ届きます。(笑)


館内の水槽には珍しい高知産の希少種
「アカメ」がうようよ。


お父さん友達の話しでは九州の宮崎にもいるそうです。


まさに和製ブラックバスみたいな感じです。


下の写真がアカメの大魚群。


ライトで照らすと赤目の由来通り目が赤く光ります。


そして先程のショーへ!


次女は目玉のアシカショーで手を挙げて見事選抜!


アシカに向けて「輪投げ」させて貰います。


下の写真、惜しいかな・・・アシカの目の前に輪っかがチャポン。(笑)


それでもアシカは見事に下から潜ってキャッチ。


良く出来てるショーですわ。(笑)


失敗ナッシング。


長女はアシカにエサやり。


これも見事に外れましたが、アシカはお構い無く食べてくれます。(笑)


サンマを持った手ちゃんと洗ってや。


ゆっくり水族館を散策した後は、車で少し移動。


内緒で娘達と嫁をとある場所へ。


外観だけでは分からず、娘達は楽しい場所だと興奮気味。(笑)


いよいよ入場。


このモダンな建物は・・・


ここは高知県立
「坂本龍馬記念館」


僕的には今回の高知行きのハイライトイベント。


ワクワクしながらの入場ですわ。


ちょうどGW中に
「海を渡った龍馬たち展」も開催中。


どんなんかなぁ。


しかし、入場前に娘達は下の写真・・・



「ど〜いておまんらはここで引っ掛かるぜよ」(笑)



「シェイクハンド龍馬」に挑戦!(笑)


誰か分からずにガシガシ握手してますわ。(笑)


下の写真、僕も嬉しくなって挑戦!
*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。


少し緊張気味!(笑)


県外から来てると開放感満開で恥はかきすてです。(笑)


が、少し恥ずかしそうな1枚。(笑)


まぁ、これでスッキリ。


ようやく中に入れます。(笑)


続く・・・



嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/


株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!



★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html
【2016.08.20 Saturday 06:00】 author : 「日本の正しい不動産業のあり方を考える会」のご紹介です。
| お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2017.01.06 Friday 06:00】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://n-fudousan.jugem.jp/trackback/1706
トラックバック