この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。
 
<< だんだん愛媛編 PART2 | main | 好奇心×向上心×好戦心=生き方の方程式 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.01.06 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
だんだん愛媛編 PART3
今回も松山編ブログからの続きです。


ようやく攻め込んだ松山城・・・その天守閣。


天守内部は・・・武具祭り開催中!?(笑)


槍や刀剣類、甲冑が目白押し。
名槍や名刀がたっぷり。


刀剣女子?も今世間で流行っているらしく、真剣に刀剣に魅入る女性多数発見!


鎧兜の展示も多数。


江戸時代に入ると幕末までほぼ戦争が無くなった為、明治維新直前までこんな装備でサムライ達は戦ってたんですね。



足軽達は侍大将や大名とは全然違う装備でしょうけど。


天守内部から観る外の風景。


外界じゃのう・・・と殿様気分。(笑)


途中、娘達も実際に持ち上げることの出来る刀を持って、本当の重さが分かった様です。


斬られたら痛いぞう。(笑)
鉄砲狭間から外を眺めて喜んどります。(笑)


下の写真の景色で歩いてきた箇所が一望に見渡せます。


愛媛県内が遥か彼方まで見通せる要地なので、この場所にお城が築かれたんでしょうね。


下の写真のこれはお城の上棟式で実際に使われた魔除けの特大弓矢です。


その人間以上の大きさにビックリ。


しかも立派ですわ。


天守内部はほとんど照明無し。


昔も薄暗かったんでしょうか?
燭台で昔の方が明るかったのかな???


下の写真は見物のお客さんで大賑わいの図。



当時の日本人の平均身長は150センチ前後だったと、以前の高知ブログでも書きましたが、階段の縦横も狭くて低いです。


外国人、特に大きな方達は難儀な様子。


この写真が最上階から眺める城下町の景色です。


こうして見ると別世界ですわ。



愛媛良いとこ一度はおいで。(笑)


お城見物も無事終わり、下山のリフト内で最後にアナウンスの女性から声を掛けられたのが
「だんだん」


愛媛の方言で
「ありがとう!」の意味との事。


いい語感の言葉ですね。


心に染みますわ。


その後は少し移動し夕方間近の
道後温泉にチェックイン。
 
下の写真は道後温泉前の超有名なからくり時計です。


ちょうどこの道後温泉名物のからくり時計の大仕掛が動いてる場面に遭遇。


周りでたくさんの子供達が食い入るようにこの仕掛を見つめています。


もちろん我が家の娘達も釘付け!(笑)


道後温泉の歴史がモチーフになっている数分間のイベントです。
夏目漱石の著書「坊っちゃん」も再現。


そして今回の我が家の目玉イベントが下の写真の
道後温泉本館


映画
「千と千尋の神隠し」の油屋のイメージの元にもなった日本最古の温泉です。


その古さは
約3000年


万葉集にも書かれている程とか。


道後温泉本館は温泉入浴施設としては唯一の
重要文化財という凄さ。


しかし、列に並んでる時に読みましたが、普通の温泉とも違って地元松山のお年寄りの方は、割引や無料券もあって、銭湯並の庶民感覚が今も残る珍しい側面もある温泉です。


さぁ、いよいよ順番が廻ってきました。


ゆったり温泉タイムです。



熱いのか、ぬるいのか・・・どっち!?(笑)


天皇陛下も入られた温泉と特別な部屋も見学できます。



下の写真の温泉は「霊の湯」という、聞くだけで有り難い名前が付いております。


一方
「神の湯」は庶民的なお風呂です。


こちらも名前からして効きそうな感のある有り難い名前ですわ。(笑)


実際、アルカリ性単純泉なので、日本人の肌質にもバッチリ合うようです。


入浴とセットで愛媛銘菓の
「坊ちゃん団子付き」のパターンも選べます。


さて、我が家はどちらのお風呂に入ったでしょうか???(笑)


ゆっくり入浴後はお陰様で頭のてっぺんからつま先までツルツルに!(笑)


ひとっ風呂浴びて爽快ですわ!


本当にここまで来て入る価値のある温泉です。


家族も大満足の様子。

 


すぐ目の前にあるアーケード街では、銘菓「一六タルト」や先程の「坊ちゃん団子」、海産物のお土産屋さんや、地元の海や山の食材を使った飲食店が多数あります。


以前何回か来た時は、野郎同士パターンもあったので、付近にある怪しいお店にも行きましたけど、今回はすごく健全です。(笑)


しかし温泉街は独特の風情があって良いですね。



老若男女問わず、外国人問わずに凄く人気があって、改めて日本的な感じがとても印象的です。


こんな風に感じながら四国松山の夜は更けてゆくのでありました・・・。



ほろ酔い気分UP!


続く・・・



嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/


株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!



★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html




この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。






 
【2016.10.29 Saturday 06:00】 author : 「日本の正しい不動産業のあり方を考える会」のご紹介です。
| お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2017.01.06 Friday 06:00】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://n-fudousan.jugem.jp/trackback/1715
トラックバック