この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。
 
<< 建築に関わる重要な情報のご紹介です。 | main | 第4回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN埼玉開催決定! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.01.06 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
新年明けましておめでとうございます。
当ブログを見ていただいている皆様並びに「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」の会員の皆様。

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

皆様どの様なお正月を過ごされましたでしょうか?

まだ会社が始まっていないところもあることでしょう。

その中でもうスタートしているブログの中から一つご紹介させていただきます。
 
皆様

新年明けましておめでとうございます。

昨年度はこのブログメンバー内でも様々な交流や意見交換をすることが出来て、本当に有意義な一年だったと感じます。

皆さん地元に帰れば会社の社長であり経営者です。

そんな中貴重な時間を割いてまで意見交換や交流をするからには、無駄な時間を使うことは事実上不可能なのではないでしょうか?

なのでほんの少しお会い出来る間位は、気持ちのこもった意義ある時を過ごしたい・・・と考える訳です。

この「すべらない話」のメンバーは今5人です。

その発展形として「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」があります。

「すべらない話」が日々地元で仕事をする社長さんや経営者が日常で感じる事や出来事を主にした発表の場であるのに対して、「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」は、実際に機会を設けて集まって会いながら、考えを発表したり、討論したり、今更聞けないはずかしい話を聞いてしまえる会でもあります。

当、関西の不動産屋さんが送る「すべらない話」メンバーも、「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」の主旨に賛同し、加盟している同じ会のメンバーです。

そしてこの「すべらない話」ブログにはもう一つ隠しルールがあり、それは「誰がいつすべるのか?」という恐怖のルールです。(笑)

日々会のメンバー間では「あれは・・・違うよね?」とか、「まさか・・・す〇ってないよね?」という会話が・・・。(笑)

腕が試される過酷な会でもあります。(笑)

そして両方の会に共通しているのが志です。

ここに一つのエピソードがあります。

「意通すれば、則ち傾蓋の遇なり。」

(こころとうすればすなわちけいがいのぐなり。)(性霊集)

下野国(しもつけのくに)現在の栃木県に、日光開山の祖といわれた勝道上人という僧がいて、ある時空海は、人を介してその功を讃える碑文を依頼されました。

勝道上人と面識のなかった空海は一度辞退しますが、上人の徳を知り二荒山(ふたらさん)(日光山)を開いて寺社を建立するまでの苦心を聞くと感銘を受け、碑文を引き受けたのです。

その碑文に

「人の相知ること必ずしも対面して久しく語るのみにしも在らず。

意通すれば傾蓋の遇なり。」

とあります。

意味は「人が理解し合うというのは、必ずしも長い時間話をしてなるものではなく、心が通じ合えばそれだけで旧知の仲のようになれるものです。」

「傾蓋の友」とはたまたま路上で会って立ち話をすることで、ちょっと話しただけで旧友の様に親しくなること。

孔子が通りすがりに人に会い、車のきぬがさを傾けて親しく話した故事からきており、「傾蓋故の如し」ともいいます。

空海の言葉で上人への敬愛を示した訳です。

親しみや友情を生むのは、何度会っているか、どれだけ長く話したかではなく、心がどれだけ通じ合ったかなのです。

心が通じあえば会えなくても親友なのです。

「すべらない話」メンバーや「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」のメンバーも、今年も昨年以上に「傾蓋の友」を増やし、交流や意見交換を通してお互いにレベルアップし、まず社長や経営者やその家族が幸せになり、その結果会社の社員がもっと幸せになり、お客様や世の中がもっともっと幸せになる仕組みを創造し続けていかなければいけない・・・と感じています。

少し長くなりましたね。

そんなこんなで・・・

2010年の今年もこの関西の不動産屋さんが送る「すべらない話」ブログ並びにメンバーをよろしくお願いいたします。



以上です。

このブログは関西の不動産屋さんが送る「すべらない話」ラッキーマンさんのブログ記事でした。⇒クリック

賛同企業(順不同・各社リンク済み))

緑が丘ホームズ(千葉県)
クリエイト(和歌山県)
有限会社イーズホーム(大阪府)
有限会社石部宅建(徳島県)
株式会社クリエートハウジング(群馬県)
有限会社住ステーション浦和(埼玉県)
有限会社愛光不動産(愛媛県)
吹田不動産販売株式会社(大阪府)
株式会社ハウジングサクセス(東京都)
株式会社エースホーム(兵庫県)
株式会社大万不動産(徳島県)
株式会社丸文不動産(兵庫県)
西京地所株式会社(山口県)
株式会社eせいゆう住宅(滋賀県)
武鎗不動産株式会社(岡山県)
センチュリー21株式会社みつばちハウジング(京都府)


第3回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN東京の動画CM
クリック

第2回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN大阪の動画CM
クリック

第1回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN京都の動画CM
クリック

賛同企業(順不同・各社リンク済み)→クリック    


関西の不動産屋さんが送る「すべらない話」ブログを運営する5社のメンバー全員、
この会の主旨に賛同し加盟しております。

 

【2010.01.05 Tuesday 11:26】 author : 「日本の正しい不動産業のあり方を考える会」のご紹介です。
| お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2017.01.06 Friday 11:26】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://n-fudousan.jugem.jp/trackback/70
トラックバック