この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。
 
<< マンション協力金について | main | 本年度からの活動予定です。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.01.06 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
住宅着工戸数&業者動向!
今年の景気はどうなるのでしょうか?

いつまでも「不景気だ」で済む問題ではないはず・・・。

そんな景気の話題は世間一般の方も含めて誰もが気になり、誰もが知りたいところではないでしょうか?

そんな中、統計を元に過去の「結果」と現在の景気「動向」を予測されている気になるブログを発見!

それはこれです。↓

住宅着工戸数21年分78万戸に!! 

不動産29日発表された21年分の新設住宅着工戸数が788410戸となった。

これは建築基準法の改正で落ち込んだ2007年の106万戸よりさらに低く 1964年の751429戸から45年ぶりという落ち込みようだ。

国土交通省の統計 2年ぶりといっても、2008年が少し持ち直したからで、落ち込み方はすごい。
 
以前業界の有名な人が、これからは少子高齢化で 80万戸になるよと講演で話していたのを思い出すが原因はそれではなく、未曾有の金融危機の影響が大となる。

資料結果、関連企業の倒産・淘汰、関連労働者の大量の失業が生まれた。
 
さて、統計はあくまで過去の集計。

現在進行形で、業者配布のアットホームには建売業者の土地仕入れ募集が満載。

一時中断していた仕入れを強化している様子がわかる。

土地探しのお客様の問い合わせも増えてきたし、物件も動いている。

少子高齢化が現実化していくことを踏まえれば、 100万戸への復帰は難しくても持ち直しの傾向は見えてきそうである。

以上です。

今回のブログ記事のご紹介はこちらです。⇒
クリック

今回の情報提供は埼玉県さいたま市の住ステーション浦和の熱田社長より頂きました。

住ステーション浦和のホームページはこちら⇒クリック  

賛同企業(順不同・各社リンク済み))

緑が丘ホームズ(千葉県)
クリエイト(和歌山県)
有限会社イーズホーム(大阪府)
有限会社石部宅建(徳島県)
株式会社クリエートハウジング(群馬県)
有限会社住ステーション浦和(埼玉県)
有限会社愛光不動産(愛媛県)
吹田不動産販売株式会社(大阪府)
株式会社ハウジングサクセス(東京都)
株式会社エースホーム(兵庫県)
株式会社大万不動産(徳島県)
株式会社丸文不動産(兵庫県)
西京地所株式会社(山口県)
株式会社eせいゆう住宅(滋賀県)
武鎗不動産株式会社(岡山県)
センチュリー21株式会社みつばちハウジング(京都府)


第3回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN東京の動画CM
クリック

第2回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN大阪の動画CM
クリック

第1回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN京都の動画CM
クリック

賛同企業(順不同・各社リンク済み)→クリック    


関西の不動産屋さんが送る「すべらない話」ブログを運営する5社のメンバー全員、この会の主旨に賛同し加盟しております。

 

【2010.01.30 Saturday 10:27】 author : 「日本の正しい不動産業のあり方を考える会」のご紹介です。
| 不動産知識について | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2017.01.06 Friday 10:27】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック