この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。
 
<< 住宅着工戸数&業者動向! | main | この時期気になる住宅ローン減税について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.01.06 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
本年度からの活動予定です。

第4回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN埼玉の開催まで後102日となりました。

繁忙期を迎え各地の会のメンバー業者様も非常に忙しい毎日を送っておられる印象を受けております。

昨年度よりのエコポイント付加による白物家電や製造業の販売が好調で、自動車業界も軒並み黒字転換の3月の決算期を迎えそうです。

最近はリーマンショック以後の中国の驚異のV字回復もニュースや書籍でよく目にする様になりました。

そして前回の埼玉県の住ステーション浦和の熱田社長の記事が今現在の不動産業界の姿を如実に映し出しています。

前回のブログより抜粋・・・

現在進行形で、業者配布のアットホームには建売業者の土地仕入れ募集が満載。

一時中断していた仕入れを強化している様子がわかる。

土地探しのお客様の問い合わせも増えてきたし、物件も動いている。

少子高齢化が現実化していくことを踏まえれば、 100万戸への復帰は難しくても持ち直しの傾向は見えてきそうである。

会のメンバーの方もそうでない方でもそれぞれ各不動産業者には、「お客様の期待に応えるのが仕事」として、日々の業務に取り組んで来られた方が必ずおられます。

今年度は会のメンバーの増加や、より一層の具体的かつ実践的な交流も視野に入れ、徹底的な情報交換の成果を生かして各社各様の活躍度が目に見える形で現実化すればと感じております。

その具体的活動の第1弾が昨年2009年12月14日に行われた第3回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN東京です。

参加各社様よりは「参加して良かった」「具体的に業務内容に生かせそうな話しが聞けた」「今まで相談相手がいなかったけれど何でも相談できる相手が見つかった」「生きた情報は生きた人間同士でしか手に入らない」等々の感想が数多く寄せられています。

そしてこの会の取り組み第2弾が2010年5月19日(水曜日)のリングアンドリンク社会社訪問及び情報交換会が行われる、第4回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN埼玉です。

第3弾としてはコンサルタント会社との意見交換会、第4弾としてスポットでのセミナー等を企画しております。

We have no fences(垣根無き学びを目指して)、会ではこれからも不動産業以外の会社様や経営者様、個人様の客観的な意見を積極的に取り入れながら、会員各社の発展やスタッフ教育に生かしていただければと考えております。



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

賛同企業(順不同・各社リンク済み))

緑が丘ホームズ(千葉県)
クリエイト(和歌山県)
有限会社イーズホーム(大阪府)
有限会社石部宅建(徳島県)
株式会社クリエートハウジング(群馬県)
有限会社住ステーション浦和(埼玉県)
有限会社愛光不動産(愛媛県)
吹田不動産販売株式会社(大阪府)
株式会社ハウジングサクセス(東京都)
株式会社エースホーム(兵庫県)
株式会社大万不動産(徳島県)
株式会社丸文不動産(兵庫県)
西京地所株式会社(山口県)
株式会社eせいゆう住宅(滋賀県)
武鎗不動産株式会社(岡山県)
センチュリー21株式会社みつばちハウジング(京都府)


第3回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN東京の動画CM
クリック

第2回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN大阪の動画CM
クリック

第1回「日本の正しい不動産業の有り方を考える会」IN京都の動画CM
クリック

賛同企業(順不同・各社リンク済み)→クリック    


関西の不動産屋さんが送る「すべらない話」ブログを運営する5社のメンバー全員、この会の主旨に賛同し加盟しております。

 

【2010.02.06 Saturday 11:02】 author : 「日本の正しい不動産業のあり方を考える会」のご紹介です。
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2017.01.06 Friday 11:02】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック