この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.01.06 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
サービス業の原点は「宗教」にあるかも?

サービス業の原点は「宗教」にあるかも?

 50年余にわたり、起業・創業についてない知恵を絞り、数多くのアイデアを検討し、図上演習(シミュレーション)をくり返し、実際に3社を立ち上げ、今現在、5つのビジネスを継続しています。

 

 本業である不動産鑑定事務所を35年前に立ち上げ、周辺業務として補償コンサル業、不動産仲介業にも幅を拡げ、関連業務として「海外相続人所在不明者調査」業務も手がけています。

 

 縁あって、ISO認証取得を支援する「東北環境技術」社の立ち上げに参画し、15周年となりました。

 

 いずれも、人的資源・知的本を元手としたサービス業です。

 

 資金・資本もなく、経験も少ない、普通の人が起業・創業できるのは、元手と技術が求められる物づくり=製造業ではなく、チエと熱意とチャレンジ精神さえあれば何とかスタートできるサービス業ではないでしょうか。

 

 「すまじきものは宮仕え」という言葉があります。型にはまって自分の思い・志は胸の奥にしまい込んでひたすら上のために働くといった意味の「寄らば大樹の陰」の正反対の言葉です。

 

 幼少の頃から、母親によく聞かされた言葉です。学校教育を終えれば、サラリーマンになるのが普通の人生であった(今でも大部分はそうですが)時代に、「すまじきものは・・・」と子供の前で口に出す母親の心境・真意は、今でもよく分かりません。

 

 おそらく、自分の本当の思い・本音を、ポロリと口に出した・・・、あたりが真実でしょうか。

 

 加えて、国立大学で通信工学を学び、神奈川県内の通信機器メーカーに就職していた義兄の生活を見聞きするなかで、普通のサラリーマンにはなりたくないな・・・との思いを強くしていました。

 

 貿易商社、建設会社、業界団体と転職をしながらも、いつかは、独立して自分で会社を興したいとの思いは強くもっていました。

 

 業界団体に在職中に中小企業診断士という経営コンサルタントの入門レベルの資格を取得したのも、そんな思いの表れだったのでしょう。

 

 この資格は、外部に向かって経営のコンサルをしたというよりも、自分に対して、起業・創業のために何をすべきかを教えてくれたという意味で、大きな役割を果たした・・・と、今では思っています。

 

 サービス業で起業する・・とはいっても、実は簡単なことではありません。「何でもやります・・・、便利屋です」といった切り口で起業するケースをよく見かけますが、永続きした例は少ないようです。

 

 堅実な手法は、弁護士・会計士・税理士・司法書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士というような資格試験に合格し、経験を積んでから独立開業するという道です。

 

 いわゆる士業(資格サービス業)は、資格を取得するまでが難関であり、この段階で断念するケースが大部分です。

 

 今は、難関を突破しても、経験を積み、修業する場を確保するのも容易ではない時代です。

 

 つねづね、サービス業の起源・原点は何なのかについて考えてきました。

 

 サービス業とは、一言でいえば、対価を支払ってくれる人に「満足」してもらうことにつきます。「お売りするのは満足感、モノではありません」(http://www10.plala.or.jp/tika-infre/manzokukan.html)というコラムを商工会議所の会報に載せたのは20年程前のことです。

 

 相手に十分に満足してもらった上で、その対価として、それなりの料金をいただくということは、決して生やさしいことではありません。

 

 まず、相手が何を求めているのか、どんな悩みや困りごとを抱えているのかを、理解することが第一歩です。

 

 その上で、その悩みや望みに応えられる対応策やサービスが求められるわけです。

 

 宗教については、本格的に勉強したこともないし、まったくの門外漢であった自分でも、ビジネスという切り口から宗教を考えさせられる機会は少なからずありました。

 

 高額な壺などを押し売りする霊感商法で名高い○○統一教会や、「財務」活動として多額の寄付を求める○○学会の布教活動等は、ビジネスの起源と関係がありそうです。

 

 関心をもつ⇒好感を抱く⇒ファンになる⇒信じこむ⇒信者・門徒となる⇒総てを捧げる・・・サービス業の原点であり、サービスのブランド化と共通点は多いようです。

高橋不動産鑑定事務所
【2016.12.31 Saturday 06:00】 author : 「日本の正しい不動産業のあり方を考える会」のご紹介です。
| お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
祖国のために死ぬ覚悟

祖国のために死ぬ覚悟

 「徴兵は命かけても阻むべし母・ 祖母・おみな牢に満つるとも」、反戦の思い、覚悟を詠んだ、心に残る短歌です。

 

 そんな思いと、一見すると矛盾するようですが、「祖国のためには、命を捧げる覚悟も大切なことだと、若い時分から思っていました。

 

 八十に手が届こう年になった今でも、祖国日本のために役立つことであれば、余生を捧げたいという思いは、いささかも衰えてはいないつもりです。

 

 細川・小泉の元総理も「原発ゼロ」を実現すべく、頑張っておられます。あの元気のモト、頑張る力は、どこから湧いてくるのでしょうか。

 

 同世代の一人として、漠然とは分かっていたつもりでしたが、この夏休みに小泉氏の新著「黙って寝てはいられない」を読んで、はっきりと理解できました。

 

 「これからの若い世代、子供たちに、何かいいものを残したい」という気持ちが、非常に強いということです。

 

 原発ゼロの日本を確実に、自分の生きている時代に、目が黒いうちに実現する。そのためには「命をかけてもいい」という、細川・小泉両氏の勇気ある行動から、元気をもらいました。

 

 自分のできることとしては、専門分野である不動産評価の知識と経験を生かして、原発事故の被災者の立場に徹した、原発賠償問題に全力で取り組むことに、命をかけるつもりです。

 

 原発ゼロを目ざす、市民運動・統一戦線の強化・発展のためにも、命をかけます。

 

 祖国のよりよい未来のために、今、求められている政治の課題、市民連合・野党共闘・ネット時代の統一戦線のために、余生を捧げること・・・、やるべきことは、まだまだ山のようにあります。

 

 命がいくつあっても足りないくらいです。神さまは、もっともっと永生きして、いささかなりとも、祖国にためにつくせと命じているに違いありません。

高橋不動産鑑定事務所
【2016.11.21 Monday 06:00】 author : 「日本の正しい不動産業のあり方を考える会」のご紹介です。
| お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
好奇心×向上心×好戦心=生き方の方程式

好奇心×向上心×好戦心=生き方の方程式

 人類が他の動物と決定的に違った道を歩んできた最大の要因は何だったのでしょうか?

 

 生活の場が樹上生活から平地での生活に変わったこと、二本足歩行、道具の利用・・・、いろいろあげることができそうです。

 

 しかし、その大本・根源は、好奇心だったのではないでしょうか。

 

 仔犬や仔猫は好奇心の塊に見えます。人間の子供も好奇心に満ちあふれています。イタズラなどはあたりまえのことのはずです。

 

 ところが、幼稚園に入ったり小学生になると、いい子になってしまうケースが大部分です。

 

 日本の学校教育が、従順で勤勉な「従業員」を育てることに重点を置き、力が注がれた結果だといえます。つまり、「管理教育」の悪しき側面ではないかということです。

 

 均質な製品を、安価に、大量生産をするのが目標だった時代は、それでも良かったのでしょう。

 

 しかし、今の時代は少し違うようです。創造性や希少性が個人にも求められている・・・、これが時代の要請・・・、と云っては、大げさでしょうか。

 

 向上心については、当コラムでも何回か取り上げています。

本音のコラム 競争心と向上心    

本音のコラム 差別化と生き残り策  

云わんとすることは、他人との競争心を、ベクトルの方向を大転換して、自分自身との競争心⇒向上心として活用する・・・ということにつきるわけです。

 

 活力のある社会、活力に満ちた人生の根源は向上心にあるといっても大きなマチガイではないでしょう。

 

 好戦心・・・聞きなれない言葉ですが、チャレンジ精神といった方が解りやすいでしょうか。

 

 三題噺として「好奇心×向上心×好戦心」としたわけで、決して、私が戦争好きとか・・・、戦争オタク・・・とかではありません(念のため)。

 

 しかし、国防問題、軍事問題から目をそらし、9条を守ってさえいれば・・・、9条が国民を守ってくれるはずだ・・・、レベルの幼児性は、とっくの昔に卒業したつもりです。

 

 困難な課題に直面したときに、正面から受けとめてチャレンジするのか、色々と理屈を並べたてて逃げるのか、この時の姿勢、心の持ち方としての「好戦心」と善意に解釈して下さい。

 

 「闘争心」と言い換えても良いのかもしれません。でも・・・、なぜか、「好戦心」という表現がピッタリします。

 

「好奇心×向上心×好戦心」という方程式は、来るべき大変動の時代が求めている方向性・生き方の方程式なのではないでしょうか。

高橋不動産鑑定事務所
【2016.11.10 Thursday 06:00】 author : 「日本の正しい不動産業のあり方を考える会」のご紹介です。
| お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
だんだん愛媛編 PART3
今回も松山編ブログからの続きです。


ようやく攻め込んだ松山城・・・その天守閣。


天守内部は・・・武具祭り開催中!?(笑)


槍や刀剣類、甲冑が目白押し。
名槍や名刀がたっぷり。


刀剣女子?も今世間で流行っているらしく、真剣に刀剣に魅入る女性多数発見!


鎧兜の展示も多数。


江戸時代に入ると幕末までほぼ戦争が無くなった為、明治維新直前までこんな装備でサムライ達は戦ってたんですね。



足軽達は侍大将や大名とは全然違う装備でしょうけど。


天守内部から観る外の風景。


外界じゃのう・・・と殿様気分。(笑)


途中、娘達も実際に持ち上げることの出来る刀を持って、本当の重さが分かった様です。


斬られたら痛いぞう。(笑)
鉄砲狭間から外を眺めて喜んどります。(笑)


下の写真の景色で歩いてきた箇所が一望に見渡せます。


愛媛県内が遥か彼方まで見通せる要地なので、この場所にお城が築かれたんでしょうね。


下の写真のこれはお城の上棟式で実際に使われた魔除けの特大弓矢です。


その人間以上の大きさにビックリ。


しかも立派ですわ。


天守内部はほとんど照明無し。


昔も薄暗かったんでしょうか?
燭台で昔の方が明るかったのかな???


下の写真は見物のお客さんで大賑わいの図。



当時の日本人の平均身長は150センチ前後だったと、以前の高知ブログでも書きましたが、階段の縦横も狭くて低いです。


外国人、特に大きな方達は難儀な様子。


この写真が最上階から眺める城下町の景色です。


こうして見ると別世界ですわ。



愛媛良いとこ一度はおいで。(笑)


お城見物も無事終わり、下山のリフト内で最後にアナウンスの女性から声を掛けられたのが
「だんだん」


愛媛の方言で
「ありがとう!」の意味との事。


いい語感の言葉ですね。


心に染みますわ。


その後は少し移動し夕方間近の
道後温泉にチェックイン。
 
下の写真は道後温泉前の超有名なからくり時計です。


ちょうどこの道後温泉名物のからくり時計の大仕掛が動いてる場面に遭遇。


周りでたくさんの子供達が食い入るようにこの仕掛を見つめています。


もちろん我が家の娘達も釘付け!(笑)


道後温泉の歴史がモチーフになっている数分間のイベントです。
夏目漱石の著書「坊っちゃん」も再現。


そして今回の我が家の目玉イベントが下の写真の
道後温泉本館


映画
「千と千尋の神隠し」の油屋のイメージの元にもなった日本最古の温泉です。


その古さは
約3000年


万葉集にも書かれている程とか。


道後温泉本館は温泉入浴施設としては唯一の
重要文化財という凄さ。


しかし、列に並んでる時に読みましたが、普通の温泉とも違って地元松山のお年寄りの方は、割引や無料券もあって、銭湯並の庶民感覚が今も残る珍しい側面もある温泉です。


さぁ、いよいよ順番が廻ってきました。


ゆったり温泉タイムです。



熱いのか、ぬるいのか・・・どっち!?(笑)


天皇陛下も入られた温泉と特別な部屋も見学できます。



下の写真の温泉は「霊の湯」という、聞くだけで有り難い名前が付いております。


一方
「神の湯」は庶民的なお風呂です。


こちらも名前からして効きそうな感のある有り難い名前ですわ。(笑)


実際、アルカリ性単純泉なので、日本人の肌質にもバッチリ合うようです。


入浴とセットで愛媛銘菓の
「坊ちゃん団子付き」のパターンも選べます。


さて、我が家はどちらのお風呂に入ったでしょうか???(笑)


ゆっくり入浴後はお陰様で頭のてっぺんからつま先までツルツルに!(笑)


ひとっ風呂浴びて爽快ですわ!


本当にここまで来て入る価値のある温泉です。


家族も大満足の様子。

 


すぐ目の前にあるアーケード街では、銘菓「一六タルト」や先程の「坊ちゃん団子」、海産物のお土産屋さんや、地元の海や山の食材を使った飲食店が多数あります。


以前何回か来た時は、野郎同士パターンもあったので、付近にある怪しいお店にも行きましたけど、今回はすごく健全です。(笑)


しかし温泉街は独特の風情があって良いですね。



老若男女問わず、外国人問わずに凄く人気があって、改めて日本的な感じがとても印象的です。


こんな風に感じながら四国松山の夜は更けてゆくのでありました・・・。



ほろ酔い気分UP!


続く・・・



嵐山こども食堂ホームページ→http://arashiyamakodomosy.wix.com/kodomosyokudou

嵐山こども食堂Facebookページ→https://www.facebook.com/arashiyama.kodomosyokudou/


株式会社みつばちハウジング「みつばち日記」→http://mitubachiblog.jugem.jp

京都市右京区の名所・旧跡・美味しいケーキ・美味しいお菓子やご近所の名店・グルメ情報・HPの無いお店もたっぷり登場させて行きます!

右京区はこんなトコロ・住めば都と言うけれど・・・ページへのリンクはこちらです!



★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの購入マニュアル」はこちらをクリック ★★

★★株式会社みつばちハウジングの「住まいの売却マニュアル」はこちらをクリック★★


★★右京区で不動産をお探しならこちら・・・まずは株式会社みつばちハウジングへ! ★★

★★右京区で賃貸マンション・借家をお探しならこちら・・・株式会社みつばちハウジングへ!★★

≪当社の取組が書籍に掲載されました!≫
http://www.ck-pub.com/books/net-shinkaron.html




この会の主旨は「不動産業で共に学び、共に栄える」事です。






 
【2016.10.29 Saturday 06:00】 author : 「日本の正しい不動産業のあり方を考える会」のご紹介です。
| お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |